脳

脳梗塞は治療が可能!諦めずに元の生活を取り戻す秘訣

脳梗塞は早期発見、早期治療が大原則ですが、治療が済んだ後のリハビリが予後に大きく影響を与えます。体の半身に麻痺が生じた場合等は、リハビリを通して機能の回復を図り、日常生活が可能になる事がほとんどです。

レビュー

和食

糖尿病の食事で大切なこととは?【治療中の人の声】

糖尿病の食事では、どんなことに気をつけていたり、どんな物を取り入れることで緩和できるのでしょうか。現在、糖尿病治療中の方の食事内容を参考にしてみるのも、おすすめです。

足

意外と気が付かない下肢動脈瘤のサインとは?【治療した人の話】

下肢静脈瘤は、ひざの裏にコブのような感じのものができたり、クモの巣状に広がる血管が目立ってくるといった症状がでます。足のむくみや疲れやすいなどの症状も定番です。立ち仕事や家族などの遺伝によっておこることが多いそうなので、病院で適切なケアをしましょう。

脚

下肢動脈瘤の治療方法を知ろう!【患者の口コミ】

足の血管が浮き上がって見えるような下肢静脈瘤には、複数の治療法が存在するので治療を受けやすいでしょう。弾性ストッキングを利用した30代の女性やレーザー治療を選ぶことにした40代の女性などは、それぞれの方法が適していたようです。

診察室

やっぱり便利!夜間診療が人気のワケ【利用者に聞きました】

夜間診療を行っている医療機関があると、心強いです。浦安に対応をしているところがあるので、急病になった時に気軽に受診をすることができるというメリットもあり評判もよいです。

カウンセリング

糖尿尿治療で知っておきたいこと!【治療者のアドバイス】

糖尿病の治療中の患者さんにとって、これから治療する方に対してアドバイスするなら、病院選びに慎重になれということがあるようです。小岩からの通いやすさ、相談しやすさなど、アドバイスを参考に探してみるのが利に適っています。

糖尿病になってしまったら病院治療が重要となる

誰もが罹ってしまう可能性のある糖尿病ですが、糖尿病には2種類のタイプが存在します。比較的多くの人が罹るタイプとして2型糖尿病があり、発症原因としては肥満だったり、遺伝だったりが挙げられます。主に40歳以上が罹りやすいと言われているものの、若年層でも罹る恐れがあるため肥満にならないためにも普段の食生活に気を付ける他、運動も取り入れていくと良いでしょう。また、1型糖尿病の場合は原因がはっきりとわかってはいませんが膵臓の一部が破壊されていたり、体質だったりが原因だと言われています。普段より喉の渇きが激しい他、疲労感や頻尿、肌が乾燥して痒いといった場合は2型糖尿病の可能性があります。また、疲れがひどかったり激しい体重の減少が見受けられた場合は1型糖尿病の可能性があるでしょう。糖尿病に罹ってしまうと完治が難しく、病気と付き合い続けていく必要があります。糖尿病に罹らないためにも普段の生活を見直す他、定期的に病院に足を運んで検査をしてもらうと良いでしょう。

[PR]
池袋にある内科医院を受診しよう
身体の不調をしっかり解消☆