HOME>レビュー>下肢動脈瘤の治療方法を知ろう!【患者の口コミ】

下肢動脈瘤の治療方法を知ろう!【患者の口コミ】

脚

下肢静脈瘤は治療をすることでしっかりと治すことができる病気となっています。重度の場合は手術などになりますが、軽度であれば普段の生活に気を付けることで改善できるため、下肢静脈瘤の治療法をチェックしてみましょう。

みんなの口コミ

弾性ストッキングを着用しました[30代|女性]

ここ最近、足にコブのようなところができているのに気づいたのですが、見た目が気になった上に少し痛みがあったので病院で診てもらったところ、下肢静脈瘤だと言われました。そして、ここの病院の先生は特に下肢静脈瘤に詳しい方で、この病気の治療法について複数の方法のメリットなどを教えて下さいました。下肢静脈瘤の治療としては手術が行われることもあるようですが、自分の場合はそこまで進行していないので弾性ストッキングを使う圧迫療法ということになったのです。この治療では下肢の静脈の流れを改善するために弾力性を持ったストッキングを使うことになり、大きさやタイプなどいくつもの中から選ぶことができました。自分が選んだのはL型のハイソックスタイプでしたが、この病気の専門である担当医に履き方を教えて頂いたので効果的に使用することができました。そして弾性ストッキングの使用を続けていたらかなり状態が改善されたので、この方法を選んで良かったと感じています。

レーザー治療を受けました[40代|女性]

足の血管が浮き出るようになり、少しむくみも出てしまったのですが、静脈の血液の流れが悪くなる下肢静脈瘤ではないかと考えて病院に行ってみました。すると、やはりこの病気ということで複数の治療法から選ぶことになり、当日に帰宅できるというレーザー治療を受けることにしました。この治療法は静脈にワイヤーを入れてふさぐ形になり、それによって静脈内の血の流れを止めるというもので最近では利用者が多いということでした。そしてこの場合は短時間で痛みも少ないということだったのですが、確かにその通りで当日家に帰っていつもと変わらない生活ができ、翌日から会社にも行くことも可能でした。それから数カ月経ちましたが、今ではむくみもほとんどなくなり、日常生活や仕事への悪影響も感じられないのでこの方法で良かったと感じています。